はじめに

Windows 10 の自動再生のダイアログボックス

Windows 7 までの「自動再生」のダイアログボックスは、外部メディア(CD/dvd/USBメモリ/外付けハードディスク等)を接続/挿入すると、文字どおり自動的に表示され、矢印キーで動作を選択して Enterキーで決定することが出来ました。

ところが、Windows 10 の「自動再生」は、外部メディアを接続/挿入すると、「ここをタップして、このメディアに対して行なう操作を選んでください。」というメッセージが、タスクトレイの上に表示されるだけです。
このメッセージをマウスでクリックすると、「自動再生」のダイアログボックスが表示されるのですが、キーボードではこのメッセージの所を操作して「自動再生」のダイアログボックスを呼び出すことは出来ないようです。

これは、私のパソコンの機種や環境に特有のものかもしれませんが、対策として、私は「自動再生」を全て無効に設定しました。
なお、この設定をしなくても、メッセージを無視して ExplorerやMyFileを起動して、そこから操作をすればいいのですが、いちいち出るメッセージがうるさいので、私は設定しました。
※私の所有する Windows 10 パソコンは、タッチ操作に対応していません。

実践パソコン環境

Windows 10 professional 64bit
PC-talker 10 v1.04
※2015年11月 現在

「自動再生」を全て無効にする設定

「自動再生」を全て無効にする設定の手順は以下のとおりです。

コントロールパネルを起動して、Tabキーで「自動再生」まで移動して Enterキーを押します。

⇒ コントロールパネルの起動方法 (ページ内リンク)

「自動再生」の設定のウィンドウが表示されます。

Tabキーで「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックボックスに移動して、Spaceキーでチェックを外します。

Tabキー、または Shiftキー + Tabキーで「保存」のボタンに移動して、Spaceキー または Enterキーを押します。

この設定を行なうと、外部メディアに関する操作は、Explorer、または 使用するソフトウェアを起動して行なうことになります。

ハードウェアの安全な取り外し

「ハードウェアの安全な取り外し」の手順は、Windows 7 と同じです。

Windowsキー + B で、通知領域(タスクトレイ)にフォーカスを合わせます。

「インジケーター表示ボタン」とガイドされたら、Enterキーを押します。

矢印キーで「ハードウェアの安全な取り外し」を選んで Enterキーを押します。

メニューが開きますので、上下矢印キーで取り外すメディア/デバイスを選んで Enterキーを押します。

「ハードウェアの取り外し USB 大容量記憶装置 はコンピューターから安全に取り外すことができます」というメッセージが読み上げられたら、メディア/デバイスを取り外します。
※メッセージは、USBメモリの例です。

コントロールパネルの起動方法

マイスタートメニューからの起動

Windowsキーを押して「マイスタートメニュー」を開きます。

上下矢印キーで「設定」を選んで、右矢印キー または Enterキーを押します。

サブメニューが開きますので、「コントロールパネル」を選んでEnterキーを押します。

コンテキストメニューからの起動

Windowsキー + X を押して、コンテキストメニューを開きます。

上矢印キーで「コントロールパネル」を選んでEnterキーを押します。
コントロールパネルのウィンドウが表示されます。

─ 本文 ここまで ─