はじめに

Windows 10 から搭載された、Microsoftの新しいブラウザ「Edge」を一応試してみたのですが、操作方法がよくわかりません。 中でも、メニューバーが無い(らしい)のが一番ネックです。

そこで、「Edge」の使い方がわかるまで、これまで通り「Internet Explorer」を既定のブラウザに設定する手順を紹介します。

※既定のブラウザについては、下記の項目をお読みください。

⇒ 既定のブラウザとは (ページ内リンク)

実践パソコン環境

Windows 10 professional 64bit
PC-talker 10 v1.04
※2015年11月 現在

既定のブラウザの変更手順

Windowsキーを押して、「マイスタートメニュー」を開きます。

上下矢印キーで「スタート画面」を選んでEnterキーを押します。
Windows 10 標準のスタートメニュー(スタート画面)が開きます。

上下矢印キーで「設定」を選んで Enterキーを押します。
「設定」のウィンドウが表示されます。

矢印キーで「システム」を選んで Enterキーを押します。
「システム」のウィンドウが表示されます。

上下矢印キーで「既定のアプリ」を選んで Enterキーを押します。
「既定のアプリ」のウィンドウが表示されます。

Tabキーで「Web ブラウザー Microsoft Edge」のボタンまで移動して Enterキーを押します。
インストールされた他のブラウザの一覧が表示されます。

Tabキーで「Internet Explorer」のボタンに移動して Enterキーを押します。

これで、設定完了です。
開いているウィンドウを、Altキー + F4キーで閉じます。

既定のブラウザとは

「既定のブラウザ」は、「標準のブラウザ」とも呼ばれています。 メールの本文に記載されたURL(アドレス)から、そのページを開こうとすると、自動的に既定のブラウザが起動して該当のページを開くようになっています。
「NetReader」をインストールしていて、「NetReader」を既定(標準)のブラウザに設定したい時は、「NetReader」の「環境」メニューから「標準のブラウザにする」を実行してください。

─ 本文 ここまで ─