はじめに

「SyncToy シンクトーイ」のバックアップの操作については、
「SyncToy シンクトーイ」 = バックアップ操作篇
をお読みください。

データファイルのバックアップの必要性

パソコンが突然故障してしまったり、調子が悪くなってしまった時には、パソコンのリカバリや買い換えが必要になります。
その時、データファイル(文書・画像・音楽・動画など)のバックアップを取っていないと、それらの大事なファイルが全て(または一部)失われてしまいます。
そうした事態を避けるために、データファイルのバックアップは、こまめに取っておいてください。目安は、一週間に1回程度のバックアップです。

これまで私は、データファイルのバックアップには「ばっくんちょ」というフリーソフトを愛用していて、当ホームページでも紹介しています。

簡単便利なデータファイルのバックアップソフト「ばっくんちょ」

しかし、Windows 10 では、この「ばっくんちょ」が正常に動作しないようです。そこで、代わりになるソフトを探していて見つけたのが、ここで紹介する「SyncToy シンクトーイ」です。
このソフトは、10年前くらいから公開されているようなのですが、私はまったく知りませんでした。

このソフト「SyncToy シンクトーイ」は、バックアップの作業はそれほど難しくないのですが、インストールと日本語化の作業が少し煩雑です。
よくわからない、自信がないという方は、パソコンの知識のある方にサポートを依頼してください。

実践パソコン環境

Windows 7 64bit SP1 + PC-Talker7 2.12
Windows 10 64bit + PC-talker 10 1.21
※2018年7月 現在

ソフトの概要

SyncToy v2.1

ソフト名 SyncToy v2.1
動作OS Windows XP / Vista / 8.1 / 10 (32bit/64bit)
※Windows7 64bit版 / Windows 10 64bit版 で動作を確認済。
種別 フリーソフト
作者 Microsoft 様
公式サイト: (別ウィンドウで開きます)Download SyncToy 2.1 from Official Microsoft Download Center
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=15155
必要なランタイム Microsoft Sync Framework 2.0
※Windows7 以降のOSであれば、あらためて導入する必要はないようです。

SyncToyPatch

ソフト名 SyncToyPatch
動作OS (対応バージョン:SyncToy v2.1)  Windows XP / Vista / 8.1 / 10 (32bit/64bit)
※Windows 7 64bit版 / Windows 10 64bit版で動作を確認済。
種別 フリーソフト
作者 yasu0796 様
公式サイト: (別ウィンドウで開きます) oyasu.info トップページ
http://oyasu.info/index.php
必要なランタイム 不明

「SyncToy シンクトーイ」本体のダウンロードとインストール

@公式サイト
(別ウィンドウで開きます)Download SyncToy 2.1 from Official Microsoft Download Center
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=15155
にアクセスします。

A「SyncToy 2.1」という見出しの下にある、「Download」のリンクで Enterキーを押します。 すると、画面が変わります。

B下矢印キーを押していくと、
「Choose the download you want File Name」
という見出しの下に、次の二つのチェックボックスがあります。

SyncToySetupPackage_v21_x86.exe
SyncToySetupPackage_v21_x64.exe

x86.exe = 32bit版
x64.exe = 64bit版

です。お使いのOSのビット数に合わせて、チェックをつけます。
チェックをつけると、「Next」というボタンが現れます。

「Next」まで移動して Enterキーを押します。
ダウンロードが開始されますので、任意の場所に保存してください。

インストール

@ダウンロードしたインストールファイル「SyncToySetupPackage_v21_x**.exe」を実行します。なお、インストール画面は、全て英語表記です。
※文中では、ボタンを Spaceキーで押していますが、EnterキーでもOKです。

A「UAC ユーザーアカウントコントロール」の画面が表示されたら、「はい」のボタンを押して続行してください。

B最初は「ライセンス契約」の画面が表示されます。
ライセンス契約が記載されたエディットボックスにフォーカスを合わせて、PageDownキー、または下矢印キー、または Ctrlキー + Endキーなどを押して、ライセンス契約の最後までカーソルを移動します。
※最後までカーソルを移動させないと、次の「Accept」のボタンが有効になりません。

CTabキーで「Accept」のボタンに移動して Spaceキーを押します。
これは、ライセンス契約に同意(Accept)するというボタンです。

Dソフトウェアの使用に関する警告が表示されます。
「I have read and understand the warning above」
というチェックボックスに、Spaceキーでチェックをつけます。
これは、「私は警告を読んで理解しました」というような意味です。
ここにチェックを入れると「Next」のボタンが有効になります。

ETabキーで「Next」ボタンに移動して Spaceキーを押します。
再び「ライセンス契約」の画面に変わります。
ここでも、ライセンス契約の記載されたエディットボックスの最後の所まで、カーソルを移動させます。

FTabキーで「I Do Not Agree」のラジオボタンに移動します。
矢印キーで「I Agree」を選択します。

GTabキーで「Next」ボタンに移動して Spaceキーを押します。

H「インストール先の選択」の画面に変わります。
ここは特に変更する必要はありませんので、Tabキーで「Next」ボタンまで移動して Spaceキーを押します。

I次は、どのユーザーに向けてインストールするかの選択画面です。
ラジオボタンを矢印キーで操作して、次の二つから選んでください。

「Just me」 = 現在のユーザーのみ
Everyone = このコンピュータを使う全てのユーザー

J選択したら、Tabキーで「Next」のボタンに移動して Spaceキーを押します。
インストールが開始されます。

Kしばらく待って、インストールが完了したら、「Close」ボタンを押して、ウィンドウを閉じます。

アンインストール

@「コントロールパネル」のプログラムと機能」を開き、「SyncToy」の項目にカーソルを合わせ、Applicationキーを押します。

Aコンテキストメニューが開きますので、「アンインストール」を選んで Enterキーを押します。

日本語化パッチ(プログラム)のダウンロードとインストール

現在「SyncToy」には英語版しかないため、日本語で使いたい人は、以下のサイトから日本語化パッチ(プログラム)を入手して適用してください。
操作の説明のページでも、日本語化したもので記載しています。

@パッチの配布サイト
(別ウィンドウで開きます)SyncToy 日本語化パッチ フリーのバックアップソフト
http://oyasu.info/synctoy.php
このページの「日本語化ダウンロード :oyasu.info(メイン)」のリンクからダウンロードします。

Aダウンロードした「synctoyjp_230918.zip」を適当な所に保存して、解凍(展開)します。
解凍すると、以下のファイルが得られます。

・SyncToy2.1日本語化について.txt … 説明ファイル
・SyncToyPatch_x86.exe … 32bit用パッチファイル
・SyncToyPatch_x64.exe … 64bit用パッチファイル

BOSのビット数に合わせたパッチファイルを、インストールした「SyncToy」のフォルダの中にコピーします。

Cコピーしたパッチファイル「SyncToyPatch_x**.exe」を実行します。
キーボードでは Enterキー、マウスではダブルクリックです。

D実行確認のダイアログボックスが表示されます。
「はい」のボタンを押してください。

Eパッチの適用が完了すると、その旨のメッセージが表示されます。
Spaceキーを押して、メッセージを閉じます。
次に「SyncToy」を起動すると、内容が日本語化されて表示されるようになります。

※「SyncToy シンクトーイ」のバックアップの操作については、
「SyncToy シンクトーイ」操作篇
をお読みください。


──このページの本文 終わり──────────