はじめに

ここでは、自作のソフトウェアを紹介しています。当然、音声ガイド(PC-talker)とキーボード操作で使えるように作ってあります。 基本的に、自分で使いたいプログラムを作っていますので、皆さんのお役に立つかはわかりません。
ここで紹介しているプログラムは、ほとんどが「日本語プログラミング言語・プロデル」を使用して作成したものです。 「プロデル」のスクリプトエディタは、PC-talkerの音声で使えますので、興味のある方は、以下の拙ブログもお読みいただければと思います。

アクセシブルな開発環境「日本語プログラミング言語・プロデル」の紹介
(別ウィンドウで開きます)

ソフト一覧

EditWMV

スクリーンリーダーとキーボード操作だけで.WMVファイルのカット編集と結合が出来るソフトです。
ただし、実際に動画の処理を行なう「asfbin.exe」という外部アプリケーションの入手が必須となりますので、ページの中の案内を良くお読み下さい。

EditWMV キー操作だけでWMVファイルを編集

CaptureMail パソコンの画像をメール送信

パソコンのディスプレイに表示された画面をキャプチャ(画像に保存)し、その画像を添付したメールを、登録した宛先に自動的に送信するというソフトです。 画像認証のクリアやサポートに役立つのではないかと考えています。

CaptureMail パソコンの画面をメール送信

SimpleRename

機能を絞り、操作をシンプルにした、少機能&低機能なリネームソフトです。点字データのファイルのリネームや、テキストエディタを使ったリネームなどが出来ます。

SimpleRename

ギターコードブック(テキスト版)

「コードブック」というのは、ギターのコードの押さえ方を説明したものです。 本やソフト・サイトなど、いろいろな形のものがありますが、いずれも画像で説明されているものばかりです。そこで、テキスト版のコードブックを作ってみました。
文字だけでは寂しいので、「MUSE」というMidi作成ソフトを使って、コードの音も作ってみました。

ギターコードブック(テキスト版)

ラーメンタイマー

カップ麺を作る時に使う、シンプルなタイマープログラムです。

ラーメンタイマー

FIFO (連続コピーデータ取得)

テキストファイルからのコピー(または 切り取り)や、PC-Talkerの音声コピーなどを、数回〜十数回 連続して行なった時に、そのデータを保存して参照するためのツールです。

FIFO (連続コピーデータ取得)

Wordで領収証

Microsoft Wordを使って、領収証を作成するソフトです。 実際に印刷・発行する時には、宛名・金額・内訳の三つの項目をダイアログボックスに入力してOKボタンを押すだけです(事前の段取りが必要ですが)。 ハンコの画像を作成して挿入することも出来ます。

Wordで領収証

治療院のホームページ作ろう!

HTML文書の編集の仕方を知らなくても、治療院の名前や住所・電話番号・料金・セールスポイントなどをテキストボックスに入力していくだけで、自動的にHTML文書を作成することの出来るソフトです。

治療院のホームページ作ろう!

誰でも使えるxdoc2txt

PDFなどからテキストを抽出することの出来る「xdoc2txt」は、大変便利なソフトですが、導入と設定が入門者〜初心者には少し難しいようです。 そこで、「xdoc2txt」の設定を自動的に行なうことの出来るツールを作成してみました。

誰でも使えるxdoc2txt

「ひらけフタ」シリーズ

CDトレイに手を触れることなく、トレイの開閉が出来るプログラムです。パソコンの機種と用途に合わせて4種類のパターンがあります。

「ひらけフタ」シリーズ


本文 ここまで